トップページ > 鶏三郎の秘密

鶏三郎誕生!!

森田:ブツブツ

森田:どこかにいい鶏はいないかなあ?

森田:やき鳥屋の宮崎オーナーからは、地鶏を使いたいと言われるし、
          コストは安くしろと言われるし・・・
          どこかに安くて美味い鶏はいてへんかなあ・・・

森田:ブツブツ

社長:森田!何を一人でブツブツゆうとるねん?

森田:アッ!社長。聞いてたんですか?
          実はお得意様からの要望で、
          「安くて美味い、なおかつ名前もいい鶏はないか?
          とよく聞かれるんですわ。

社長:そんなんないやろ!

森田:やっぱり!そうですよねえ

社長:せやけどな。おらへんのやったら、作ったらええやんか。

森田:ええ?!なんと!!鶏を作るんですか?

社長:そうやで!
          放し飼いは広い場所が必要でコストがかかって、
          ちょっと無理やから、 餌を変えてひよこから育ててみよう。
          いっぺんやってみよう。
          さっそく鶏舎を探そやないか。

森田:餌を変えるって言うてもなあ・・・

東   :社長!

社長:何ですか?東工場長。
          インターネットで検索すると、動物は腸で栄養などを吸収するみたいですよ。
          腸を活性化するものを入れて腸を元気にすれば・・・

というわけで特別配合のえさ(飼料)ができまして、
そのえさを食べたひよこがにわとりになりまして、
社長と東と森田が食べまして

「これはすごい!!なんと肉がプリプリしてるじゃないですか!! 」

「今までに食べたことのない食感です。 」

「これは売れるぞ!!」







名前は 淡路元気どり『鶏三郎』 と書いて けいざぶろう と読みます。

メインメニュー

情報発信

新着ニュース

祝・鶏三郎、商標登録!!

ホームページ開設しました

Twitter始めました